Ubuntuクロニクル

UbuntuとLinuxにまつわるアレコレ、 多少の苦労は人生のスパイス :-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図表イラストで保険料を3~4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”⇒保険マンモス!

固定IPアドレスをサーバーに設定

Ubuntu ServerをDHCPサーバが動作しているネットワークに接続した状態のPCにインストールすると、自動的にIPアドレスをDHCPサーバから取得する設定でインストールが完了します。

この状態では、起動しなおすたびにIPアドレスが変わってしまいサーバとしては不便です。そこでLAMPサーバを構築する前に固定アドレスを設定します。

Ubuntu Serverでは「/etc/network/interfaces」にネットワークの設定が記述されていますので、これを編集します。 コンソールで起動していますので、viを使用します。

..$ sudo vi /etc/network/interfaces


# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.160.0.xx ← アドレス
netmask 255.255.255.0 ← ネットマスク
gateway 192.168.0.1 ← ゲートウェイ

ここで、ネットワークを再起動します。

..$ sudo /etc/init.d/networking restart

WEBサイトをブラウザで開いて「It Works!」と表示されれば成功です。
UbuntuはインストールしたらすでにWEBサーバーは起動しています。(なんと便利な!)




図表イラストで保険料を3~4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”⇒保険マンモス!

« rootとwheel|Top|サーバ・バージョンの選択とインストール  やっぱり 8.04 LTS »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://artisan4711.blog25.fc2.com/tb.php/146-aa61fc80

Top

HOME

名前:hiro-C
性別:男
年齢:中年


ブログランキング・にほんブログ村へ


Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。